岡部医院 | 犬山市 | 内科 | 高血圧 | 糖尿病

医療+介護

お知らせ

発熱、風邪症状のある方は岡部医院に診察時間内に電話してください。 2023.01.13
発熱、風邪症状のある方は岡部医院に診察時間内に電話してください。

問診などをして、抗原検査の適応や検査についての同意、承認、予約時間を決めます。
抗原検査については陰性でも陽性でも診察料の自己負担分が発生します。自己負担3000円程度は必要です。3000円を用意してきてください。

岡部医院では診療時間にドライブスルー抗原検査を予約制でしています。
いきなり医院の中に入ることはやめてください。
風邪症状の人がいきなり医院に入ってくることはやめてください。

1/13 午前の診察の最後に80代の方がいきなり風邪症状で岡部医院に入ってきました。
張り紙やHPなどで注意喚起などしていますが、何も見てくれていないようです。
そのような行為は絶対にやめてください。
愛知県でもインフルエンザの流行 2023.01.13
愛知県でもインフルエンザの流行がはじまりました。

発熱をした場合に年齢、症状、周囲の感染状況などを聞いて
コロナ検査、インフル検査を組み合わせて検査をする必要があります

発熱、風邪症状の方は診察時間に電話をして、ドライブスルー検査の予約をしてください。

発熱、風邪症状の患者を診察しないクリニックもあります。
かかりつけ医でも診察をしないというクリニックもあるのでご注意ください。

コロナ感染者の増加 2023.01.10
コロナ感染者が増えてきています。
岡部医院で検査した人は1/5からすべて陽性、陽性率100%になっています。
1/10の時点で14人連続で陽性となっています。

過去一番に流行していると考えます。

ワクチン接種者、未接種者ともに感染しています。
ワクチン未接種者の方の方が症状が強く出ている印象です。

また、高齢者の感染も増えてきています。今までとは違う傾向となっています。
連休になりますが、感染には十分に気を付けた方がよいです。

また、総合病院等の救急外来は機能が低下、医療が受けられない状態になっていると考えられます。
人混みや多人数での集まりは避けた方が良いです。

また、かかりつけ医の内科がコロナ検査をしていないという相談もあります。
こちらではやれることには限界があります。

かかりつけ医が検査をしてくれなくても
薬の処方
紹介状の作成
というのはできると思うのでかかりつけ医に相談を何回もしてください。

岡部医院院長 岡部誠之介
発熱外来の流れ 2023.01.05
発熱外来の流れ

岡部医院に診察時間内に電話、
問診などをして、抗原検査の適応や検査についての同意、承認、予約時間を決めます。
抗原検査については陰性でも陽性でも診察料の自己負担分が発生します。自己負担3000円程度は必要です。
岡部医院では診療時間にドライブスルー抗原検査を予約制でしています。
いきなり医院の中に入ることはやめてください。
風邪症状の人がいきなり医院に入ってくることはやめてください。

予約時間に岡部医院に車で来院、車で岡部医院についたら、電話をしていただいて、こちらから説明、指示など行います。車の窓越しに保険証をカメラ撮影してカルテ作成をします。


コロナ陽性なら解熱剤などの対処薬を処方(岡部医院では抗ウイルス薬は処方できません)
コロナ陰性なら解熱剤などの対処薬を処方、経過観察、症状によっては再検査の可能性など説明します

上記の流れになります。

発熱外来は予約制です。いきなり風邪症状で医院に入ってくるのはやめてください。
いきなり院内に入ってきて、他の患者さんに感染などさせた場合には問題になるケースもあります。
1/5 木曜日から通常通り診療を行います 2023.01.04
1/5 木曜日から通常通り診療を行います
濃厚接触者の方は、感染者ではありませんが、新型コロナウイルス感染者と接触があった日の翌日から5日間は、行動の自粛をお願いします。 2022.12.29
●待機期間の過ごし方
濃厚接触者の方は、感染者ではありませんが、新型コロナウイルス感染者と接触があった日の翌日から5日間は、行動の自粛をお願いします。待機期間中は咳エチケット及び手洗いを徹底し、不要不急の外出は控えてください。なお、発熱などの症状がみられたら、かかりつけ医に電話で御相談ください。かかりつけ医等を持たない場合や相談する医療機関に迷う場合は受診・相談センターに御相談ください。

●待機期間について
濃厚接触者の方の待機期間は、感染者と接触した最終日の翌日から5日間となります。
ただし、社会機能維持者であるか否かに関わらず、検査で陰性が確認された場合は、待機期間を短縮することができます。
なお、感染者と接触した最終日から7日間を経過するまでは、検温などご自身による健康状態の確認や、ハイリスク者との接触やハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等の感染対策を行ってください。
発熱外来の流れ 2022.12.29
発熱外来の流れ


岡部医院に診察時間内に電話、
問診などをして、抗原検査の適応や検査についての同意、承認、予約時間を決めます。
抗原検査については陰性でも陽性でも診察料の自己負担分が発生します。自己負担3000円程度は必要です。
岡部医院では診療時間にドライブスルー抗原検査を予約制でしています。
いきなり医院の中に入ることはやめてください。
風邪症状の人がいきなり医院に入ってくることはやめてください。

抗原検査とPCR検査の違いについては抗原検査はその場で結果が分かるので便利な検査ですが、感度がPCR検査より高くはないです。ただ、現時点では抗原検査で診断、検査をしていく方法が発熱外来の運用としては有用であると考えます。


予約時間に岡部医院に車で来院、車で岡部医院についたら、電話をしていただいて、こちらから説明、指示など行います。車の窓越しに保険証をカメラ撮影してカルテ作成をします。


コロナ陽性なら解熱剤などの対処薬を処方(岡部医院では抗ウイルス薬は処方できません)

コロナ陰性なら解熱剤などの対処薬を処方、経過観察、症状によっては再検査の可能性など説明します

上記の流れになります。

発熱外来は予約制です。
いきなり風邪症状で医院に入ってくる
診療時間外に電話をする
などの行為はご遠慮ください。

予約時に何回も説明しているのですが
保険証を持ってきていない
いきなり医院に入ってくる
こちらの指示に従わない
という方がいます。

その場合は診療はできないので、他院での診療を勧めさせていただきます。
ご了承ください。
岡部医院院長 岡部誠之介
発熱外来の無断キャンセル 2022.12.28
発熱外来の無断キャンセルがありました

予約時間にこないので、電話をしたところ、忘れていましたとのことでした

忘れていたから仕方ないとかはありません
無断キャンセルになります
その時間で他の人の検査をできていた可能性もあります

予約を事情でキャンセルの場合は、医院に電話をするという社会人としての行動をお願いします

また、過去に岡部医院でコロナ陽性と診断、後日に自己負担分を支払いにきてくださいと約束をして支払いにきていない人が15人います

未払いの自己負担分が消えること、時効になることはないので支払いをお願いします。
自分だけ無料で診療を受けるというのは良い事ではないです。
岡部医院院長 岡部誠之介
脳神経内科外来は雪のため休診 2022.12.24
12/24の脳神経内科外来は雪のため
休診になります

ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします
感染症カンファレンス 2022.12.22
江南厚生病院を主体とした感染症カンファレンスの会議に出席しました。
zoom会議という形ですが、情報共有には便利です。

江南保健所管内の新型コロナ感染症は第7波のピークに近づいています。
今週、来週には第7波のピークを超える可能性があります。

病床もかなり埋まってきているのと病院スタッフも疲弊、スタッフの家族内感染なども起きているようです。

行動制限も今はないので深刻な状況(救急車がこない、入院が必要な方が入院できない、発熱外来を受診できない)になる可能性が高いです。

また、岡部医院は診療時間内にドライブスルーの抗原検査、検査の結果をみて今後の療養の指示、解熱剤
の処方などを行っています。

ドライブスルーのコロナ抗原検査、解熱剤の処方というのは駐車場のある診療所ではどこでもできることだと考えますし、地域医療を守るため、医療崩壊をさせないために、やらなければなりません。

内科を標榜している診療所やクリニックで、発熱の対応を全くしていない所がかかりつけ医の場合は今後の付き合い方を見直した方がいいでしょう。
岡部医院院長 岡部誠之介
コロナワクチンの予約、予約のキャンセルについて 2022.12.16
ワクチンの予約、予約のキャンセルはコールセンターに連絡をしてください。

犬山市『予約・相談』コールセンター
電話:0568-39-5795(平日、土曜日、日曜日、祝日 午前9時~午後5時)
※ワクチン接種に関するお問い合わせは、すべてコールセンターで受け付けています。お気軽にお電話ください。

無断キャンセル、予約を忘れるなどの事案が発生しました。
ワクチンが無駄になりますし、連絡や調整などの手間が発生します。
大人として上記のようなことを考えて行動してほしいものです。

・予約された日時に来院する
・来院できない場合はキャンセルの連絡をコールセンターにする
・来院時間に遅れる場合は医院やコールセンターに電話する

社会人として当たり前の行動をしていただきたいです。

岡部医院院長 岡部誠之介
安全配慮義務と自己保健義務(産業医 犬山市 内科) 2022.12.16
労働安全衛生法第六十九条には
1 事業者は、労働者に対する健康教育及び健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るため必要な措置を継続的かつ計画的に講ずるように努めなければならない。(安全配慮義務)
2 労働者は、前項の事業者が講ずる措置を利用して、その健康の保持増進に努めるものとする。(自己保健義務)
とされています。

事業者と労働者の関係は
労働者→労務の提供
事業者→賃金の支払

労働者→自己保健義務(従業員自身が自分の健康に注意する)
事業者→安全配慮義務
という関係になります。

企業が行うべきこと(安全配慮義務)、社員が行うべきこと(自己保健義務)と考えてもらうと分かりやすいでしょう。しかしながら、「健康管理は自己管理」が大前提です。

健康診断で異常指摘されたが、医療に受診しない、過度な飲酒、喫煙は自己管理の問題です。自己保健義務は労働者としての義務なので注意しましょう。

健康診断で異常所見があると判断された労働者は、3カ月以内に医師等の意見を聞く(就業判定)、事後措置を行う必要があります。(法律で定められています)

就業判定は
通常業務可
就業制限(就業場所の変更、労働時間の短縮等の配慮)
要休業
に分けられますが、当該労働者の実状を考慮して、就業制限の実施は事業主が行います。

岡部医院院長 岡部誠之介(日本医師会認定産業医)
フィナステリド錠1mgについて 2022.12.13
フィナステリド錠1mgについて
タケダテバ、トーワの両方とも出荷調整、制限が起きているようです。
国内ジェネリックの他の製品などでも同じようなことが起きています。
ご迷惑おかけします。

岡部医院院長 岡部誠之介
月曜日、水曜日、金曜日の夕方の診療について 2022.12.07
月曜日、水曜日、金曜日の夕方の診療について

月曜日、水曜日、金曜日の平日は夕方の診療を行っています。

診療受付は17時から18時50分までとなっています。

18時50分で診療受付は終了させていただきます。ご了承ください。

また、発熱や風邪症状などがある場合は発熱外来での対応、ドライブスルー検査での対応となります。

発熱外来は予約制になります。岡部医院に電話していただいて、問診、予約という流れになります。

岡部医院院長 岡部誠之介


☆フィナステリドとデュタステリドの違いについて 2022.12.07
☆フィナステリドとデュタステリドの違いについて
両者ともAGAに対してガイドラインで推奨度Aの治療法になります。
AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を
フィナステリドは2型5α還元酵素だけを阻害して産生を抑制する
デュタステリドは1型、2型5α還元酵素の両方を阻害して産生を抑制する
という違いがあります。

また、デュタステリドは血中の半減期が長いので、薬の成分が長く血中に残ります。それらが効果や副作用の違いとして表れているのだと考えます。
ガイドラインから引用 性機能障害の副作用頻度
フィナステリドは2.9%(偽薬と有意差なし)
デュタステリドはそれよりも数%多い可能性がある。

最新の総合的に研究分析をした、システマティックレビューによると、抽出された23件の研究結果を解析した結果、
最も有効性が高いのはデュタステリド内服薬0.5mg/日を使用した場合だった。
治療開始から24週間で増加した毛髪数の平均値がデュタステリド内服薬0.5mg/日が最も多かった。
次いで有効性が高いのはフィナステリド内服薬5mg/日(日本では5mgは使わない)だった。

上記のようにデュタステリド内服薬0.5mgの方がフィナステリド内服薬5mg/日(日本では5mgは使わない)よりも有効性があったというデータが出ています。

フィナステリド1mgとデュタステリド0.5mgでフィナステリド1mgの方が1mgだから効果が強いのではないかと考える方もいるかもしれませんが、薬の成分が違うのでmgだけで比べることはできません。効果で比べることしかできません。

成分が違うものをmgだけで比べることは意味がないことです。
金500gと銅1000gで銅1000gの方が重いから、価値があるとは思いませんよね。
同じように
デュタステリド0.5mgとフィナステリド1mgでフィナステリド1mgの方が1mgだから効果があるということにはなりません。

岡部医院院長 岡部誠之介








診察科目

  • 内科
  • 老年内科
  • 老年精神科
  • 外科
  • リハビリテーション科

健康相談、漢方診療(保険適応)、AGA治療も行っています

院長より

“かかりつけ医として、何でもご相談を。 院長 岡部誠之介

高血圧、糖尿病といった内科疾患の治療、ケガの処置、腰痛、膝の痛みなど幅広く診ます。特に内科では様々な症状を診療します。専門医受診が必要と判断した場合、適切な診療、治療が受けられるように病院・医院の紹介、紹介状の作成、予約を行います。かかりつけ医として、何でもお気軽にご相談ください。

院長からのメッセージを見る

診療時間

診療時間
AM 9:00〜12:00
PM 5:00〜7:00

※日曜・祝日は休診です
※夕方の診療受付はPM6:50までです

アクセス

名鉄「犬山駅」より徒歩8分

GoogleMapで見る

インターネット予約はこちら

コロナ抗原検査 しています!

岡部医院紹介動画

犬山市役所にて放映中です。

YouTubeで見る

岡部医院の関連施設

住宅型有料老人ホーム SARA 入居者募集中 tel.0568-65-1100

岡部医院との連携により、往診、在宅医療、デイケアでのリハビリなどの利用が可能。24時間体制で入居者の皆さまを見守ります。

犬山市の老人ホーム「SARA」

住宅型有料老人ホームSARA

デイサービスセンター 繭

tel.0568-61-8157

アットホームな雰囲気の中で、心と身体のリハビリサービスを提供します。

犬山市のデイサービスセンター 繭

住宅型有料老人ホームSARA

とじる