医療法人 岡部医院 | 愛知県犬山市 | 内科・外科 | リハビリテーション | デイケア

医療+介護

お知らせ

妊娠中の風邪について(犬山市 内科 風邪) 2018.06.21
妊娠中の風邪についてですが。まずは風邪なのかどうか、風邪という診断をどのようにするかが大事だと私は考えます。

風邪の定義はほとんどの場合、自然に良くなるウイルス感染症で多くは咳、鼻汁、咽頭痛といった多症状を呈するウイルス性上気道感染のことと定義しています。

つまりは咳、鼻汁、咽頭痛を急性に同時に同程度訴える患者さんは風邪であるといっていいでしょう。ただし、高齢者や免疫力の低下している患者さんは、慎重に考えた方が良いでしょう。

基本的には妊娠中は治療上の有益性が危険性を上回ると判断した場合にのみ薬を投与する事となっています。
100%の安全というものは難しいものです。しかしながら、早く治したい、生活の質を上げたいという気持ちも理解できます。そのような時は、危険性はほとんどないと考えられている漢方薬を使うのが無難でしょう。

まずは問診、診察を行い、風邪なのかどうかを考えて、さらには薬などを使った方が良いかを考えて、患者さんと相談をして治療法を考えるというのが私のスタンスです。これは風邪に限らず、全ての病気において必要な事であると考えています。

ちなみに風邪に対して葛根湯が使われることが多いですが、葛根湯は妊婦には麻黄が入っているので、長期に使用することは私はやりません。

そもそも、葛根湯は風邪っぽいかな、と思ったときに飲むのが一番効果が期待できるタイミングです。いろいろな症状が出て、医院に来た時には、すこしタイミングとしては遅いのでそういうときには症状に合わせて処方を考えて治療をしています。
岡部医院院長 岡部誠之介
神経内科専門医外来(犬山市 神経内科 外来) 2018.06.19
毎月第2、4土曜日は神経内科専門医による外来を行っています。
神経内科とは主にパーキンソン病、認知症、頭痛、てんかん、脳卒中、神経難病を専門に診療する内科です。
もの忘れ、手の震え、しびれ、頭痛などの症状のある方は当院までご連絡ください。

7月の診察日は7/14、28になります。
二診体制で診療しますので待ち時間も少ないので土曜日の外来を是非ご利用ください。

インターネット予約も受け付けています。
https://reserva.be/agaokabe/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=3feJwzNDQzNDQDAAQkATE

岡部医院院長 岡部誠之介
帯状疱疹について(犬山市 帯状疱疹 内科) 2018.06.16
帯状疱疹は水痘(みずぼうそう)罹患後に体内の神経節に潜む水痘帯状疱疹ウイルスが、免疫力の低下などにより神経の分布に沿って発症します。

発疹が出る5日前後からピリピリとする痛み、その後発赤、水泡、紅斑と皮膚の症状は変化していきます。発症一週間以内に抗ウイルス薬を投与することが推奨されています。

帯状疱疹の痛みは残ることがあるので、60歳以上、皮膚症状が重症、夜も眠れないぐらい痛いという人は特に注意が必要です。帯状疱疹後神経痛は50歳以上では6割が一か月以内に、9割が3カ月から半年で症状は改善しますが、痛みが強い、改善傾向にない場合は痛みの専門外来などを紹介します。

帯状疱疹後神経痛は症状や程度が患者さんによって違うため、それぞれの患者さん合った治療法が選択され、組み合わせられます。また、根気よく治療を続ける必要があります。この頃の痛みは非ステロイド系消炎鎮痛薬が効きにくくなってきます。慢性疼痛治療薬や神経障害性疼痛治療薬の中の帯状疱疹後神経痛の保険適応を持つ薬剤を使用することもあります。その他、外用剤を併用することもあります。 痛みが非常に強い場合はペインクリニックをご紹介させていただいております。

また、帯状疱疹後神経痛は温めると痛みが楽になります。他の病気で入浴の制限がなければ、入浴回数を増やしたりするのもよいでしょう。冬には保温し、夏には冷房で冷えすぎないようにしましょう。
岡部医院院長 岡部誠之介
安全配慮義務と自己保健義務(産業医 犬山市 内科) 2018.06.16
労働安全衛生法第六十九条には
1 事業者は、労働者に対する健康教育及び健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るため必要な措置を継続的かつ計画的に講ずるように努めなければならない。(安全配慮義務)
2 労働者は、前項の事業者が講ずる措置を利用して、その健康の保持増進に努めるものとする。(自己保健義務)
とされています。

事業者と労働者の関係は
労働者→労務の提供、事業者→賃金の支払
労働者→自己保健義務(従業員自身が自分の健康に注意する)、事業者→安全配慮義務
という関係になります。

企業が行うべきこと(安全配慮義務)、社員が行うべきこと(自己保健義務)と考えてもらうと分かりやすいでしょう。しかしながら、「健康管理は自己管理」が大前提です。

健康診断で異常指摘されたが、医療に受診しない、過度な飲酒、喫煙は自己管理の問題です。自己保健義務は労働者としての義務なので注意しましょう。

健康診断で異常所見があると判断された労働者は、3カ月以内に医師等の意見を聞く(就業判定)、事後措置を行う必要があります。(法律で定められています)

就業判定は通常業務可、就業制限(就業場所の変更、労働時間の短縮等の配慮)、要休業に分けられますが、当該労働者の実状を考慮して、就業制限の実施は事業主が行います。
岡部医院院長 岡部誠之介(日本医師会認定産業医)
生活習慣病重症化予防 重点事業の状況報告 2018.06.13
先日、医師会で犬山市から重点事業の状況報告を受けました。

その中で特定健診受診率向上に向けたアンケートというものがありました。
男女1000人にアンケートを行い、回収率は21.8%でした。

特定健診未受診者へのアンケート内容をみると、未受診の理由としては
1位 生活習慣病で治療、または定期的な検査を受けているから 33.96%
2位 必要な時は、いつでも医療機関を受診できるから 26.42%
3位 体調が悪くないから 20.75%
という事でした。

予防医療の観点からみると
2,3位の理由は少し問題があると考えてしまいます。

生活習慣病の多くは症状はありません、ゆっくりと合併症が進行して
ある日、心筋梗塞、脳卒中の発症、気づいたら腎機能悪化、認知症という事があります。
とても恐ろしい病気です。

高血圧が原因で脳卒中、麻痺が起きてしまった場合、麻痺を治すことは、現在の医療では困難です。
腎臓の機能も腎臓の機能が低下してしまった場合に、改善する薬は現在はありません。
だからこそ、予防医療が重要です。100%予防できるのかという話になるとそれは無理です。ただ、健診受診をするだけで予防できる病気もあります。

別の調査ではH27年度に
特定健診の受診歴:無し
医療機関への受診歴:無し
という人の割合は犬山市だけで2000人、健診対象者の14.4%という調査があります。

毎年健診を受けることを推奨しますが、何年も健診を受けていない人は、毎年でなくても良いので一回は健診を受けることを推奨します。

また、その時は気になる事はなんでも相談ができて、健診後のケア、治療、精密検査等の紹介をしてくれるかかりつけ医での受診を推奨します。
岡部医院院長 岡部誠之介
痛風発作、高尿酸血症(犬山市 内科) 2018.06.12
高尿酸血症は定義は血中の尿酸値が7以上の事を高尿酸血症といい、尿酸値が高いほど、痛風発作が起こる人が多いです。最近では今後、高血圧になる可能性の高い人は尿酸値の値も高い、慢性腎臓病の悪化が進行しやすい人は尿酸値も高いという報告があります。実際には全てが解明されているわけではありません。ただ、適切に尿酸値をコントロールできれば痛風発作はかなり抑えられるのは確かであると思います。

痛風になったことがある人は尿酸値を6未満以下にコントロールすることが発作予防に推奨されています。私は痛風になった事があり、毎日の飲酒習慣がある人は相当に健康状態が悪いのではないかとまず疑います。健康診断を受けていない人などは痛風発作は入り口で奥に大きな病気が隠れている可能性があります。

痛風発作の好発部位は足の親指の付け根です。その場所が朝起きた時から腫れて痛い、毎日お酒を飲む、男性の場合はまず痛風発作を疑います。

痛風発作が疑われる場合は、まず医院受診をお勧めします。その後は痛み止め等を内服、十分な飲水指導、安静、禁酒で炎症が治まるのを待って、その後は尿酸値をみながら尿酸を下げる薬を使います。

最近では、尿酸値は世界レベルで数十年の間にどんどん上昇傾向にあるようです。理由は活動量の低下、肥満、食生活、砂糖の取りすぎなどが考えられています。
岡部医院院長 岡部誠之介
ED外来(犬山市 ED外来) 2018.06.07
ED外来を行っています。当院ではタダラフィル(シアリス、ザルティア)を処方しています。
最近では5mgを処方して、症状に応じて患者さんに調節してもらうようにしています。

タダラフィルは食事の影響も受けにくいですし、持続時間も長いので使いやすく、安全性も高いです。
保険診療ではありませんので、自費診療になります。
詳しくは医師にご相談ください。
5mgは1錠470円(税込み)になります。
AGA外来(犬山市 AGA外来) 2018.06.07
男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ、近年このメカニズムが解明され画期的な治療薬フィナステリドが平成17年12月に登場しました。AGAの診療は保険の効かない自由診療ですが、現在ではジェネリック医薬品も登場して治療費の負担も下がってきています。

AGAはどんな病気かというと成人男性の前頭部や頭頂部の毛が一定のパターンで薄くなるのが特徴です。早い人で思春期を過ぎた二十歳頃から発症しますが、四十代の男性では発症率が30%という報告もあります。

当院ではAGAに対してフィナステリド(プロペシア)の内服治療を行っています。フィナステリドは元々、前立腺肥大の薬として臨床試験が行われました。その過程でAGAの人に投与をすると育毛効果が表れることが分かり育毛剤としての研究、開発がされ世界で発売されています。

薬は1日1回1錠を内服してもらいます。治療の効果判定は、抜け毛が減ったかどうかが目安となり、その判定には6カ月の服用が目安となります。
副作用としては男性機能の低下、性欲の減退などの報告がありますが、日常生活に大きな障害をきたすものではありませんでした。また、この薬は肝臓で代謝をされるので肝機能障害のある方は医師にご相談ください。
また、この薬を飲んでいる間は前立腺の腫瘍マーカーであるPSAが低くなるので他の医療機関を受診されるときは内服していることを伝えてください。

生活習慣とも関連しているので禁煙、節酒、適度な運動(歩く)などもお勧めします。
併用する治療としてはミノキシジル(リアップ)外用が推奨されています。
育毛シャンプー、マッサージ等はフィナステリド、ミノキシジルよりは効果は少ないと言われています。
岡部医院院長 岡部誠之介
犬山市健診の予約(犬山市 内科 健診) 2018.06.05
犬山市健診の予約受付しています。
健診は予約制です。早めの予約をお勧めします。
インターネット予約、電話での予約も受付しています。
https://reserva.be/okabeyoyaku
小児肥満、小児肥満症について(犬山市 内科 肥満症) 2018.06.05
成人の肥満判定にはBMIが広く用いられますが、小児では肥満度が用いられます。肥満度は性別、年齢別、身長別の平均体重にくらべて実測体重の増加、不足分が何%に相当するかを表す指標です。

児童、生徒の肥満判定は
+20%以上を軽度肥満
+30%以上を中等度肥満
+50%以上を高度肥満としています。

小児も成人と同様、過剰な内臓脂肪蓄積は肥満に伴う健康障害と関連があるため。体脂肪分布の評価は重要です。ウエスト周囲長が80cm以上(小学生では75cm)、ウエスト身長比が0.5以上の場合は内臓脂肪型肥満の疑いがあります。

小児肥満に対しては本人だけでなく、家族ぐるみで生活習慣の改善に取り組むのが良いです。食事療法、運動療法を具体的にできる範囲でアドバイスします。

ポイントとしては
夕食後は食べないようにする
ジュースは飲まない
身体を60分以上動かす
おやつの量を守る
スクリーンタイム(テレビ、パソコン、スマホ、ゲームなど)の制限など

これらを自己管理チェックリストにして自分で記載すること、体重を測って記録することが認知行動療法として良いでしょう。

思春期の肥満傾向児から成人肥満への移行が問題となっています。思春期の高度肥満は2型糖尿病、心血管病、慢性腎臓病(CKD)発症の高リスク群です。特に若年での2型糖尿病の発症は合併症などのリスクが高くなります。

学校健診などで受診を勧められることもあると思います。健康教育を子供にすることはとても重要です。本人にも健康について考えてもらうことが重要であると考えています。
岡部医院院長 岡部誠之介
生活習慣病の診療について(高血圧、脂質異常症、糖尿病) 2018.06.02
脳梗塞を30年前にやったことがあるけど後遺症等はなく、薬を以前飲んでいたが止めてしまったという患者さんが受診されました。

採血等を行うと糖尿病、脂質異常症があり、高血圧も合併していました。
動脈硬化が進行しているだろうと考えて、血液サラサラの薬を処方、高血圧、脂質異常症、糖尿病は内服治療していましたが、血圧が夏場になると低くなることがあったので血圧の薬は中止、家庭での血圧は120前後なので経過観察としていました。

動脈硬化を測定できる機器を試験導入しているので、測定をしてみるとABIが0.9以下で動脈閉塞が疑われるので、脂質異常症は薬を変更、コレステロールの値をもう少し下げる治療を提案しました。

総合的に診療をするというのは、何科というのはあまり関係なく、診察、採血、検査等から何を順番に治療していくか考えて、患者さんと相談して診療をしていくことです。

上記の患者さんが総合病院等を受診すると、脳外科、糖尿病内科、循環器内科など複数の科を受診することになり、この薬が本当に必要なのか、何がこの患者さんにとって問題なのかが、ぼやけてくることがあります。

総合病院等では採血、検査等もあまり行われずに、おざなりな診療が行われている現状は否定できないと思います。
岡部医院院長 岡部誠之介
糖尿病のコントロールについて(犬山市 糖尿病 内科) 2018.06.01
以前よりも糖尿病の指標であるHbA1cに対して、基準が緩くなってきているのが最近の流れです。米国内科学会(ACP)はいくつかの臨床研究の結果にから、以下のような声明を発表しています。

1 臨床医は2型糖尿病患者の血糖管理目標を個別化すべきである。個別化においては、以下の項目についての議論を基にすべきである。①薬物療法の利益と害、②患者の嗜好、③患者の全身状態や生命予後、④治療の負担、⑤療養にかかる費用

2 臨床医はほとんどの(薬物療法中の)2型糖尿病患者のHbA1cの管理目標を7%以上8%未満とすべきである。

3 臨床医はHbA1c 6.5%未満の2型糖尿病患者では薬物療法の減量を検討すべきである。

4 臨床医は生命予後が10年未満と思われる以下のような2型糖尿病患者については、治療による利益よりも害が上回るため、HbA1cの目標を設定することを避け、高血糖に関連する自覚症状が最小限になるように治療すべきである。①80歳以上の高齢者、②介護施設入所者、③慢性疾病の合併者(認知症、がん、末期腎不全、重症慢性閉塞性肺疾患、うっ血性心不全)

日本でも最近では、薬物療法中の高齢者糖尿病に対しては、HbA1cの管理目標に下限がある治療ガイドが発表されています。ポイントは個別に対応するということです。

薬が複数回飲めない人は、一日一回の薬にする
低血糖の心配がある人、低血糖の副作用の少ない薬にする

最近では週に一回の薬、注射などもあります。認知症、要介護状態の方は画一的に、HbA1c7.0未満を目指す必要はなく、無理のない治療を本人と相談して決めることが重要です。

正直いうと、85歳以上の高齢者に対して薬がどれぐらい効果があって、そのひとの健康寿命を延ばすのかというハッキリとした研究はありません。繰り返しになりますが、個別に対応することが重要です。個別に対応するという事は、総合的にその人を診療するという事です。

糖尿病の薬は新薬、合剤など新発売が続いています。製薬会社の営業も過熱している現状があります。過熱した営業、患者さんへの新薬、合剤等の過量投薬が患者さんにとって、マイナスになる可能性もあります。
岡部医院院長 岡部誠之介
院内処方と院外処方 2018.06.01
当院では禁煙外来、AGA外来、漢方診療、風邪、高血圧、脂質異常症などの処方で院内処方(医院で薬を渡す)体制を整えました。今まで通り院外処方も行いますので、院外処方の場合は処方箋を持って薬局で薬を受け取ってください。

薬局は調剤薬局ならばどこの薬局でも大丈夫です。院外処方の制度としては処方箋を持っていけば、どこの薬局でも調剤をしてくれるはずなのですが漢方薬は取り扱っていない、薬が置いていないので取り寄せになるなどご迷惑をおかけするケースがあるようです。

基本的に医療費は院内薬局の方が医療費の自己負担は少ないです。薬局では調剤技術料、薬剤管理料が算定されるので医療費の自己負担は高くなります。

岡部医院院長 岡部誠之介
作業管理について(産業医 犬山 労働衛生) 2018.05.30
労働衛生の3管理というのがあり、作業管理、作業環境管理、健康管理というものがあります。

作業管理とは有害な作業、過重労働による健康への悪影響を防止・軽減するために作業時間、作業姿勢、作業方法などについて対策を講じることです。

事業者は労働者の健康に配慮して、労働者の従事する作業を適切に管理するように努めなければならない、と法律で定めれています。具体的には連続作業時間と休憩時間の適正化、作業量の適正化、作業姿勢の改善等です。

休憩時間は法律で決められており、使用者は労働時間が6時間を超える場合は最低45分、8時間を超える場合は最低60分の休憩時間を与えなければならないとされています。

また、作業姿勢改善も重要で、ポイントとしては
・立ち姿勢で作業を行う場合、前傾姿勢をなくす
・ねじり姿勢、ひねり姿勢をなくす
・作業面、作業台の高さを、作業者の肩からへそくらいまでの高さとする
・適正な作業域に作業対象物を置く(肘関節を中心として円を描いた面積内)
などがあります。

ディスプレイ、PC入力等の仕事はVDT作業として管理されます。VDT作業等では1連続作業時間は1時間以内が推奨されており、作業休止時間は10~15分が推奨されています。一日作業時間も4時間以内が推奨されています。
岡部医院院長 岡部誠之介
認知症の行動および心理状態(有料老人ホーム 認知症ケア 犬山) 2018.05.29
認知症の行動および心理状態についてわかりやすいスライドがあったので紹介します。物盗られ妄想はアルツハイマー型認知症の約3-4割の人にみられます。一番、身近な人に攻撃が向いてしまう事が多いです。

意欲の低下には注意が必要です。家族に気づかれにくく、閉じこもり気味になるからです。放置すると認知症の重症化、寝たきりに至ることがあります。

デイケア、デイサービスを利用する、意識して買い物、散歩に周りの人が誘うことが対応としては良いでしょう。
岡部医院院長 岡部誠之介(認知症サポート医)

診察科目

内科・外科・リハビリテーション科

小さなお子さんの診療や、小児用ワクチン(予防接種)も行っています

禁煙外来、健康相談、漢方診療(保険適応)、AGA治療、女性型脱毛症の治療も行っています

院長より

“小さなお子さんからご高齢の方まで。 院長 岡部誠之介

高血圧、糖尿病といった内科疾患の治療、ケガの処置、腰痛、膝の痛みなど幅広く診療しています。禁煙外来、健康相談など、病気の予防にも力を入れ、小児用ワクチンも行っています。かかりつけ医として、何でもお気軽にご相談ください。

院長からのメッセージを見る

診察時間


※日曜・祝日は休診です

アクセス

名鉄「犬山駅」より徒歩8分

GoogleMapで見る

岡部医院紹介動画

犬山市役所にて放映中です。

YouTubeで見る

岡部医院の関連施設

住宅型有料老人ホーム SARA 入居者募集中 tel.0568-65-1100

岡部医院との連携により、往診、在宅医療、デイケアでのリハビリなどの利用が可能。24時間体制で入居者の皆さまを見守ります。

犬山市の老人ホーム「SARA」

デイサービスセンター 繭

tel.0568-61-8157

アットホームな雰囲気の中で、心と身体のリハビリサービスを提供します。

犬山市のデイサービスセンター 繭